日テレ
日本テレビ放送網株式会社
代表取締役 社長執行役員
小杉 善信
Yoshinobu Kosugi
ご挨拶

1953年の開局から現在まで、日本テレビは幅広いジャンルの番組をお届けすることで「視聴者の皆様の生活を楽しく豊かなものにしよう」と努めて参りました。
その領域は、地上波テレビ放送のみならず、コンテンツ配信事業、生活健康事業等へと拡がり、おかげさまでたくさんのご愛顧を頂いております。誠に感謝申し上げます。

今、企業を取り巻くビジネス環境は急速度で変化し続けており、全ての企業にとって、柔軟でイノベーティブな人材育成、また組織の進化が重要な経営課題となっております。

日本テレビのコンテンツは「人」で出来ていると考えます。

番組制作現場を振り返ると全て基本は挨拶だったと思います。
「おはようございます」
「よろしくお願いします」
「お疲れ様でした」

Face To Faceで向き合って、制作者と出演者の信頼関係の上に視聴者とクライアントに満足してもらえるコンテンツを作り上げていく。
まさに人間関係も立場・肩書ではなく、お互い手作りでの構築です。

日テレHR(ヒューマンリレーションズ)は、日本テレビのDNAである「人のやっていないことをやり、自ら歴史を作る」精神を受け継いだ日本テレビの人材育成事業として誕生しました。

"人々の生活"を楽しく豊かにしようと努めてきた日本テレビが
"働く人と環境"も楽しく豊かなものにしたいと考えています。

お客様の経営課題に、共に向き合うパートナーとして、新しい人材育成文化を創造し、人と組織が成長していくお手伝いができるよう挑戦し続けて参ります。

日本テレビ放送網株式会社
代表取締役 社長執行役員
日テレ

CONTACT コンタクト