ドラマロールプレイ(DRP)研修とは
臨場感あるドラマ映像を用いながら、実際の仕事を疑似体験し、
問題解決に向けてチームでディスカッションをしたりロールプレイングをする中で、
明日から職場で実践できる体験型プログラムです。
前野隆司 教授
Maeno Takashi
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究委員長・教授。
東京工業大学卒、同大学院修士課程修了。キヤノン株式会社勤務、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、ハーバード大学客員教授、慶應義塾大学理工学部教授などを経て現職。
well-being の日本第一人者。

ポジティブ心理学に基づきチームの成果を
最大限にするための4つの力を可視化

4〜6人のグループに分かれて映像による課題のグループディスカッションを行います。
組織における個々人の特性の把握やコミュニケーションが不足する組織での意思疎通、
組織課題における参加者自身のアプローチの把握ができます。

ポジティブ心理学
<幸せの4因子>
とは

脳が感じているのは・・
幸せ(well-being)4因子
状況レベル
ポジティビティが高い状態=幸せ(Well Being)な状態
個人・組織 ともに 高いパフォーマンス

特徴①
日テレ制作によるドラマ映像

日テレ式研修ドラマ(ドラマロールプレイ)に使われる映像は、全て日本テレビによって独自に制作されたドラマです。受講者はドラマの主人公になりきり、様々な困難や課題をディスカッションやロールプレイを通じて解決していきます。

特徴② 階層別にドラマストーリーを用意

「新入社員」「内定者・インターンシップ」「OJTトレーナー」など、階層別の研修ドラマを用意しています。
受講者はドラマ映像の中での問いかけについて議論やロールプレイをして解決策を模索していきます。
その後、理論の説明やフィードバックを受け、現場でも実践できるようにトレーニングをしていきます。

特徴③ 4つのチップで個人/組織の特性を把握

ドラマ映像視聴後、議論の中でMCが4つの力を表すチップを配布していきます。
このチップの配布枚数により個人と組織の特性を可視化して、自分の強みや組織の特徴などをデータとして活用することができます。 *オプションサービス

特徴④ フィードバックシートの活用

受講者には4つのチップを集計した個人別フィードバックシートを後日お渡しいたします。
最適な人材配置や社内で活躍する人材の特徴、組織傾向、チーム員の特徴の参考として活用していただけます。 *オプションサービス
参考動画
ドラマロールプレイ
サンプル動画集
前澤隆司教授インタビュー
幸福度とチームワーク最大化の4つの力について
スケジュール
タイムスケジュール
※一部変更になる可能性がございます
プログラム 半日プラン
(合計3時間)
1日プラン
(合計6時間)
2日プラン
(合計12時間)
アイスブレイク 15分 30分 30分
75分ワーク
※1日プラン・2日プランは1日ワークのどちらかを選択
2コマ選択 75分×2 4コマ選択 75分×4 4コマ選択 75分×4
1日ワーク
※1日プラン・2日プランは75分ワーク×4のどちらかを選択
- 1ワーク選択 1ワーク選択
まとめ・質疑応答 15分 30分 30分
選択ワーク
1コマ 75分ワーク 1日ワーク
ドラマロール
プレイ(2コマ)
教えて先輩 目標設定 自社採用企画
ライフロード
すごろく
モチベーション
グラフ
質問力向上 春の特番企画
フィードバック
向上
自分の考えを
的確に伝える
思い通りにいかないときの
発想転換選択
新規事業開発