2019.11.08

チームワークを通して同期の絆が深まり
自分の強みも発見できる
「楽しかった」と皆、笑顔でした

<クライアント様の声>
鴻池メディカル株式会社様

同期同士が顔を合わせる機会が少ない職場環境のため、「同期の絆」に課題を感じていた鴻池メディカル株式会社様。「新入社員研修」に続き、「新入社員フォローアップ研修」を導入いただいた理由や、実際の研修の様子、また研修を終えての新入社員の皆様のご様子などを伺いました。

壁を乗り越える力になる「同期の絆」を深めたい!そんな想いにピタリと合いました

弊社の新入社員研修は、これまでマナー研修や社内で必要な知識を学ぶ研修がメインでした。新入社員は研修後、様々な営業所に配属されるので、同期同士が職場で顔を会わせる機会は少ないのですが、そうするとどうしても同期の絆や連帯感が弱くなりがちです。新卒の定着率は今、どの企業でも課題だと思いますが、なにか壁にぶつかった時、同期が一緒にいれば「そっちはどう?」「こっちだって同じだよ」というように、いろんな気持ちを共有できたり、相談し合ったり、感情の逃げ場になったりして、元気になるきっかけになると思います。でも、弊社では同期や近い年齢の人が職場に必ずいるとは限らないので、離れていても同期同士が支え合えるように「同期の結束を深める良い研修はないかな」と思っていた時、日テレHRの「新入社員研修」の内容を伺って、それがピタリと合ったんです。

「同期の絆」ということ以外にも、これから仕事をしていく上で必要になる人間力を磨いてほしい。そういう気持ちもあったので、多くの人と接して仕事をし、チームワークやコミュニケーションを強みとしている日テレの研修であれば、人間としての魅力も深まるのではないかと考えました。

「新入社員フォローアップ研修」は、「新入社員研修」が良かったこともありますが、入社から5ヶ月経ち、新入社員がそれぞれの配属先で先輩から独り立ちする時期。がんばっていても、失敗して凹んでしまうことがあると思います。そんな時に、「同期の一体感を高めて、元気になってもらいたい」という想いからお願いしました。

緊張した表情が自然に柔らかくなり、笑い合える仲に。そんな仕掛けがたくさんありました。

結果から言うと、お願いして良かったと思っています。チームを作って、その中で議論したり、質問したりして、いろんな性格の人がいる中でそれを許容しながら、自分の立ち位置を知り、お互いに興味を持って接するようになる。チームの中で自然に自分の本質が出せて、ダメな所も皆で笑い合えるチームになる。そんな仕掛けがいろんな研修プログラムの中にあったので、「同期の絆を深める」という目的とうまくマッチングしていたと思います。

「新入社員フォローアップ研修」には、今までの5ヶ月間を振り返って、モチベーションの浮き沈みについてチーム内で話し合うプログラムがありました。そこで、「こんなに落ち込んじゃったの?」「立ち直れたの?」というように同期のことを心配している姿を見て、「そういう質問がし合えるのっていいなー」と。研修を通じて、性格も含め、それぞれの同期がどういう人なのかを理解し合えて、だからこそ、お互いの仕事の話も興味を持って聞くことができたのだと思います。研修後に皆で食事をした際も、表情がとても明るくなっていて。朝の緊張した表情が、時間の経過とともに柔らかくなり、議論の場でも発言が増えていく様子を見ることができました。

印象的だったのが、帰りに皆が本当に元気に「今回も楽しかった!」と言っていたこと。「新入社員研修」も楽しくて、「今回も」だったんだな、と。この時期だからこそ、皆が元気になるきっかけになったし、横の繋がりを深めるいい研修内容だったのだと思います。

「ドラマロールプレイ」と同じような課題を抱える社員も。「4つのチップ」を使った議論はとてもおもしろいと思いました!

研修の中で特におもしろいと思ったのは、「ドラマロールプレイ」のドラマ映像視聴後にチームで議論する際、それぞれの発言に対してMCが4つの力「情熱」「創意」「共感」「茶目っ気」を表すチップを配り、自分の強みやチームの特徴を可視化するというもの。終わった後、講師の方が「自分の色が偏っていてもいい、チームはバランスが大事」と話してくれたのですが、自分がどの色、つまり、どの力で貢献できているのか客観的に見ることができ、それでいいのだと実感できたのは良かったと思います。これは「新入社員研修」と「新入社員フォローアップ研修」の両方でやったので、チームのメンバーが変わると自分の個性も変わるということが分かったのも、楽しい発見だったと思います。

よくしゃべる社員は、「情熱」を表す赤いチップをもらう度に、しゃべりすぎだとレッドカードを出されているみたいだと言っていました(笑)。「茶目っ気」を表す黄色はイエローカードに見えて、「しゃべりすぎたな」ということを自覚できたようです。チップがなければ、なかなか人に「しゃべりすぎだよ」とは言えませんよね。でも、チップを配ることで自分でも気付けたし、みんなも笑ってそれを共有できる。仲間として、とても良いコミュニケーションができたのではないかと思います。

あとは、研修の後に面談をしたのですが、皆の職場でも「まさにあのドラマのような状況じゃない!」というようなことがあって。ドラマロールプレイの題材は、本当に職場でありそうなことなので、新入社員の皆も自分に置き換えて考えられたと思います。

競争するのではなく、互いに思いやりや関心が生まれる。「楽しみのひとつ」になる研修だと感じています。

どちらの研修も、チームで結果を出すことが必要な職場にはとても役に立つと感じました。競争ではなく、思いやりを持ったり、互いに関心を持ったりしながら、自分を振り返って、「これから、私はこうやってがんばった方がいいな」というのを理屈ではなく、体験して感じ取れる点がとても良かったと思います。

2つの研修を終えましたが、これで終わりではなく、今後も定期的に続けられるといいな、と思っています。そうすれば、1年後や2年後にまた研修を受けることが楽しみになりますよね。皆が本当に元気に「楽しかった」と言っているのを見て、日テレHRの研修は働き続けることの「楽しみのひとつ」になるものではないか、と感じています。
鴻池メディカル株式会社
(写真左から)管理本部本部長 横田英幸様、管理本部長付 兼 管理部 部長 今井智子様、管理部 次長・折原通修様。※ご担当は取材時のもの

創業135年以上の歴史を持つ鴻池運輸株式会社から生まれた医療関連事業部門として、病院の物流改善を推進。病院のさまざまな物の流れに着目し、物流専業者のノウハウを活かした物流設計や物品管理ソフトの導入、また医療機関等で使用された診療器具・医療機器等を洗浄して滅菌する高品質な滅菌代行サービス等、プロフェッショナルなサービスを提供し、日本の医療を支えて続けています。
無料セミナーの
お申し込みは
こちらから
開催日程 4月21日(火) 16時〜18時
5月19日(火) 16時〜18時
6月11日(木) 16時〜18時
開催場所 赤坂見附 日テレHR事務局
住所 東京都港区赤坂3丁目9−1紀陽ビル
講師名 日テレHRコンサルタント
参加費 無料
定員
懇親会 なし